アダルトアフィリエイトで逮捕?守るべきルールと禁止事項まとめ

アダルトアフィリエイト知識編

ナツキです。

「アダルトアフィリエイトに興味があるけど逮捕されるのではないか」

こういった質問を頻繁にいただきます。

私も最初のネットビジネスが、
アダルトアフィリエイトでしたので、
まったく同じ悩みを持っていました。

  • アダルトアフィリエイターが逮捕されたニュース
  • ワンクリック詐欺
  • ウイルス感染

こういった情報から、

「アダルトサイト運営=違法」

というイメージをどうしても拭えず、
なかなか参入を決めることができなかったのです。

しかし、

「アダルトアフィリエイトは圧倒的に稼ぎやすい」

という情報を見かけるたびに惹かれていたのも事実でした。

そこでまず私がしたこと、

  • どんな行為がNGか
  • アダルトアフィリエイトは合法なのか

この2つを徹底的に調べたんですね。

結果

「明らかにNGとなる法律上の問題さえ守れば、アダルトアフィリエイトはできる」

と知ることができました。

私は、このルールを知ることができたおかげで、
ついにアダルトアフィリエイトをスタートすることができたのです。

アダルトアフィリエイトを行うにあたって、
この守るべきルールを知っておくことは必須であり、
これを知らないまま始めてしまうのはあまりにもリスクが大きいです。

事実、ルールを知らずに逮捕されてしまった人がいます。

当たり前ですが、

「知らなかった・・・」

で済まされる問題ではありません。

あなたもアダルトアフィリエイトに興味をお持ちであれば、
今回の内容は必ず掴んでおいてください。

それではいきますね。

アダルトアフィリエイトって逮捕されるの?

先ほども申し上げましたが

ルールを守れば大丈夫です。

逮捕されたケースを見るといずれも、
無修正動画や画像を公開したというものです。

ここで逮捕されたふたつの事例を見てみましょう。

Twitterでの逮捕者の例

自分のアダルトサイトへ誘導するために、
ネット上で拾ったわいせつ画像をTwitterにアップした疑いで逮捕

わいせつ画像というのは無修正画像のことです。

ここで捕まった人は

「ネットにもともとあった画像だから違法とは思わなかった」

とコメント。

しかし、

「法律を知りませんでした」

では通用しませんよね。

ちなみにこの方、
1年間のアフィリエイト報酬は数千円とか・・・。

 

アダルトサイト運営者13人逮捕の例

海外サーバーを利用したアダルトサイトにわいせつ画像を投稿した疑いで逮捕

こちらも無修正画像の投稿が原因です。

ポイントは海外サーバーという部分。

海外サーバーを利用することで、
日本の法律が適用されない。
つまり無修正コンテンツの投稿がOKということ。

私はかなり昔の無料レポートで、
上の記述を見たことがあるのですが、

実はこれ間違ってます。

海外サーバーを利用していたとしても、
日本で運営している以上は、
日本の法律が適用されます。

逮捕者の中には、
「海外サーバーだから摘発されないと思った」
と供述している人もいたみたいですね。

アダルトアフィリエイトで守るべき4つのルール

2件の逮捕の実例を挙げました。
いずれも法律について無知であったことで、
逮捕されてしまったのです。

では無修正だけを気をつければいいのかというと、
実は他にも守るべきルールは存在します。

無修正を含めて全部で4つ。

どれも大事なルールです。
しっかり読んで健全な運営を目指しましょう。

無修正コンテンツはダメ!

上で何度も登場しましたが無修正ものを扱ってはいけません。

そもそも無修正とは、

「女性器、男性器がモロにうつっているもの」

です。

日本ではこの無修正動画・画像をサイトに掲載することは法律で禁止されています。

アダルトアフィリエイトの中でも、
無料動画まとめサイトという手法があるのですが、
ネタ(動画)を拾ってくる際には注意が必要です。

ネタを探すサイトは様々ですが、
そのほとんどが無修正動画がアップロードされているサイトだからです。

このようなサイトをからネタを集めてくる場合は、
必ず動画をチェックして局部にモザイクがかけられているか確認する必要があります。

 

児童ポルノ(18歳未満)はダメ!

児童ポルノは公開はもちろん、
単純所持までも固く禁じられています。

日本だけでなく世界的に禁止されていますね。
児童ポルノに関してはむしろ外国の方が取締りが厳しいです。

児童ポルノとは、

  1. 児童が性交または性交類似行為をしているもの
  2. 児童の性器や児童が他人の性器を触っている様子により性欲を刺激するもの
  3. 児童が衣服をつけていないことで見た人の性欲を刺激するもの

これらが描写された画像、動画などです。

つまり児童を性の対象として見ている限りは問題となりうるということです。

アダルトには、
ロリ、JK、などといったのジャンルが存在しますが、
これらはまさにグレーゾーンであり、

中身が成人の女優さんであっても、
マークされる可能性がありますので、
おすすめはできません。

同じようにジュニアアイドルのイメージビデオも危険といえるでしょう。

動画アップロードはダメ!

動画まとめサイトを運営していると、

「自分で人気の出そうな動画を作成してアップした方が早いのでは?」

と思うことが多々あるのですが、

動画のアップロードは違法です。

無修正だろうとモザイクがかかっていようと関係ありません。

アップロードはしてはいけません。

ワンクリック詐欺広告は扱っちゃダメ!

ワンクリック詐欺とは架空請求詐欺の一種です。

アダルト動画サイト内の

「18才以上」

等のリンクをクリックしてしまい、

「有料会員のご登録ありがとうございます!」

「3日以内に99,800円を指定の口座に振り込んでください!」

等の表示が出た経験はありませんか?

私はあります。。

個人情報を掴んだかのような表記で不安を煽り、
高額な請求と支払い期限を設けることで、
冷静さを奪い振り込ませるのが狙いなのですが、

本当に悪質ですよね。

アダルトサイトを運営していると、
たまにこのようなワンクリック広告掲載の依頼が来ます。

経験上、
聞いたこともないような会社で、
報酬単価がありえないほど高額なものは、
ほとんど詐欺広告ですので相手にしないことです。

怪しいと思ったら会社名で調べてみるのも良いですね。

また動画まとめサイトを運営していく上で、
強力な集客媒体となってくれるアンテナサイトも、
ワンクリック広告には敏感になってきています。

今は詐欺サイトへのリンクがあるだけで相手にしてくれません。

まさに百害あって一利なし。

ワンクリック詐欺の広告だけでなく、
ワンクリック詐欺を行っているサイト自体にも近づかないことをおすすめします。

アダルトアフィリエイトはルールを守れば何も問題はありません。

アダルトアフィリエイトの実践における、
守るべきルールをお伝えしてきました。

おさらいしますと、

  • 無修正コンテンツは扱わない
  • 児童ポルノ(18歳未満)は扱わない
  • 自ら動画をアップロードしない
  • ワンクリック詐欺広告は扱わない

難しいことではないですよね。

運営期間が長くなってくると

「あのサイトも無修正で稼いでるしちょっとだけ・・・。」

という悪魔のささやきに襲われることが
あるかもしれません。

しかしリスクを考えましょう。

目の前のお小遣いのために、
人生を棒に振ってしまう可能性だってあるわけです。

アダルトアフィリエイトを始めようと考えているのであれば、
今回お話したルールを守り、
健全な運営を心がけてくださいね。

私もこれらのルールを学んだことで、
アダルトアフィリエイトをスタートすることができ、
初月から収益を上げることに成功しています。

ちなみに私がアダルトアフィリエイトをする際に、
ベースとなった教材はこちら。

点穴(大須賀英明)の特典付きレビュー>>

アダルトアフィリエイト運営するためのルールを学んだら、
あとは正しい教科書を実践するのみです。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事へのご質問、
アダルトアフィリエイトを始めたいけど、
良いノウハウが知りたい、
などご相談がありましたらお気軽にメッセージをください。

お問い合わせはこちらから>>

それでは、
最後までお読みいただきありがとうございました。